地域参画のあり方の検討


 地域参画型リスクコミュニケーション手法を社会に具体的に適用する方法(社会実装)については、「プラットフォーム型研究フォーラム」や社会実験の過程で生じた様々な問題点や課題を検討し、解決を図るために社会実装ガイダンスを作成しました。

 この社会実装ガイダンスは、地域コミュニティにおいて、低線量の放射線健康影響リスクのガイドブック(初級編)を用いて、地域参画型リスクコミュニケーションを具体的に実践するための手引きです。

 また、社会実装ガイダンスの要約版として、実践の手引きを作成しました。

 

ダウンロード
地域参画型リスクコミュニケーション実装ガイダンス(要約版).pdf
PDFファイル 833.8 KB
ダウンロード
地域参画型リスクコミュニケーション実装ガイダンス.pdf
PDFファイル 1.3 MB